スペースチャートは、
経済産業省により
「スマートSMEサポーター」
に認定されています

経済産業省認定 スマートSMEサポーター 第5号-19060033 認定証

スマートSMEサポーターとは

経済産業省が中小企業の生産性向上に資するITツールを提供するITベンダー等を「情報処理支援機関」として認定する制度です。

ITツールを導入したい中小企業は、認定を受けたITツールや認定を受けているITベンダーの情報を見ながら依頼先を選定することができるようになりました。

「スマートSMEサポーター」の条件が明確となっているため、中小企業者等にとっては安心してITツールやITベンダーの選定をする際のひとつの指針となります。

スマートSMEサポーターの役割について

中小企業のIT導入の課題

課題 1
どのITツールが効果的か、安全に利用できるか、中小企業は判断ができない。
課題 2
民間ベンダーは販路が脆弱。
課題 3
商工団体や士業などの中小企業支援機関とITベンダーとの連携。

スマートSMEサポーターの
スペースチャートが
解決します!

スマートSMEサポーターの説明図

スマートSMEサポーターの条件

  1. IT及びITツールに関する専門的な知識・経験・実績を有していること
    情報処理支援機関の認定に申請する者は、3年以上のソフトウェアまたはクラウドサービスの提供実績、または10者以上の中小企業への提供実績を有していること。
  2. 生産性向上を行おうとする中小企業者等に対しIT利活用に係る指導及び助言が行えること
  3. ⻑期間にわたり継続的に⽀援業務を実施するための実施体制を有すること
  4. 広く中⼩企業者等に対して、情報開⽰を⾏うことに同意できること
    申請時に取得する情報(オフィスの所在地、情報処理支援業務の内容等)はホームページ等で公表されるとともに、第三者により当該情報が二次利用される場合があることの同意。