日医標準レセプトソフト ORCA クラウド版

医療現場の「安心」と「安全」を考えた医事会計ソフトウェア

ORCAプロジェクト®は発足から17年が経過しました。日医標準レセプトソフトのユーザー数は会員方の支持を得て着実に増加を続け、各種レセプトコンピュータの中でも代表的な存在として認知されるに至りました。
日本医師会では、2016年に今後の日医の医療分野のIT化の新たな指針として「日医IT宣言2016」を公表、ORCAプロジェクトも新たなステージへ向かうこととなりました。

わが国の皆保険制が高度な社会保障基盤へ移行するための基盤を目指し、みなさまの医療介護IT化のため第一弾として、日医標準レセプトソフトクラウドサービスの提供を開始します。

医療機関の安心と安全に細心の注意をはらったシステムです。(「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」準拠)

定評のある日レセの
機能・操作性はそのままに
従来の日レセをクラウド化し、
さらに安全性・利便性を
進化させました

日レセ クラウド版の特徴

システム構成図

システム構成図

※VPN回線ルータ型とソフト型を用意しており、両方を購入していただくことも可能です。

日医標準レセプトソフト
クラウド版「ORCA」

ご利用までの流れ

ご利用までの流れのフロー

商品の主な機能

主な機能

※1ORCAプロジェクト(Online Receipt Computer Advantage)は、2000年に日本医師会でスタートした医療現場のIT化を支援するプロジェクトです。2015年12月より日本医師会ORCA管理機構(株)が運営を受託しています。

※2ハードウェア(ルータ)とソフトウェアのVPNによる2重化が可能(キャンペーン中は無料)。ネットワーク回線や機器の障害の際には別回線(携帯電話の回線など)で安全に接続が可能です。

ページトップへ戻る